awsでvpcを使ったネットワークには監視でリスク対策が必須

awsの魅力はクラウドであること以外にも、様々なサービスシステムを展開している事です。vpcはaws内で仮想サーバーを用いて自由にネットワーク構成を構築できるシステムです。オンプレミスでは考えられないスピードと低コストでオリジナルネットワークを構築できます。

しかし心配なのがリスクです。awsのvpcを利用したネットワーク構築に欠かせない監視方法について紹介します。

「awsのec2監視はlambdaがおすすめ」

awsのvpcとは

awsには様々なサービスが用意されていますが、vpcもawsのサービスの1つです。vpcはユーザ専用のプライベートなクラウド環境を仮想サーバーを用いて提供するサービスであり、EC2やRDSと似たようなサービスです。

EC2やRDSは単独の仮想サーバーとしてのサービスですが、これらを結合させたり組み合わせたりするときに利用するのがvpcです。awsの機能は複数のサービスを利用することが多いため知らぬうちにvpcを意識せずに利用しているケースも多々あります。

それは、vpcを利用することを意識しなくてもaws側で自動的にvpcを準備し活用してくれているためです。そのため、vpcの事を知らないユーザでもvpcを活用しているケースは多いのが実情です。vpcの詳細を知ることで高度化させるためのヒントを得たり、新しい発想でシステム開発をする事ができるようになります。

vpcはネットワーク設定を簡単にカスタマイズすることができる特徴があります。オンプレミスで複数のサーバーの結合処理を行う場合には、ハードウェアをはじめとして回線やインフラなどの設備を整えるところから始めなければなりません。

そのため、多くの費用と工数がかかります。しかしvpcを利用する事でaws内のネットワーク環境として準備するのであれば、数分の設定で利用可能になります。ルータ機能やDNSなどの準備は一切必要なく、これらはaws側で自動的に準備してくれるため、ネットワークに関する深い知識がなくても構築ができます。

vpcのメリットは簡単に構築ができる事

aws上で自由にネットワークを構築できるのがvpcの最大のメリットです。vpcには様々なコンポーネントが予め用意されており、これらを組み合わせる事で自由自在にネットワークを構築できます。例えばインターネットゲートウェイやサブネット、ルートテーブルや固定IP、NATゲートウェイなどがあります。

これを簡単に組み合わせる事で思い描いた通りのネットワークを作り上げることができます。冗長性に長けたネットワークやサーバーの負荷に対応したネットワークなど、オンプレミスで構築すると莫大な費用がかかるネットワーク構成の構築や変更も簡単にできてしまうため、アジャイル型の設計に重宝されるシステムとも言えます。

「awsの死活監視が必要な理由と実践方法」

vpcにおける脅威

vpcはawsのシステムの1つなので高いセキュリティ精度が担保されています。しかしそれは1つ1つのパーツにおけるセキュリティを意味しており、自由に設計したオリジナルのシステム設計に関してまでは関与していません。

つまり、ネットワークの構築にセキュリティホールが存在すると予期せぬトラブルが発生する可能性があるということです。システムの上流に位置する場所にセキュリティホールがあれば、そこを起点に侵入などされシステム全体へ到達する事もできてしまうため、下流でいくら障害に対応するための冗長性に長けたネットワークを組んでいても意味をなしません。

自由なネットワーク設計が可能である汎用性を持ち合わせている反面、vpcを活用する際にはセキュリティ対策をしっかりと行う事が最低限必要となります。機密情報を取り扱う社内のシステムや、ECサイトなど顧客情報と結びつく、不特定多数のユーザが利用する事を想定する環境においては二重三重のセキュリティ対策を施しておくことが必要となります。

vpcの監視のベストプラクティスとは

vpcで脅威となるセキュリティリスクへの対策へは監視する事が最初に行う設定です。利用するツールはawsのセキュリティ対策ツールとして名高いCloudWatchを利用するのがおすすめです。CloudWatchは当初vpcの監視対象にはなってませんでしたが、自由にネットワーク構築を行うユーザの増加に伴い、CloudWatchでvpcの監視を行えるように仕様変更を行っています。

これにより、CloudWatchを導入しておけば、インスタンスなど個別のサーバーに置ける監視のみならず、vpcのネットワーク全体における監視まで幅広く行う事ができます。

CloudWatchだけを使うメリットは、シンプルな設定で作動させることができるため、監視の穴を未然に防止し、監視対象の相互連動も図れる点があります。

監視のFBはアラート機能ですが、他のツールを組み合わせる事で複雑な自動化制御を追加する事も可能です。

監視と自動化を組み合わせる事でより強固な監視体制に

vpcの監視にはCloudWatchを利用するのがおすすめですが、CloudWatchでできる事は監視を行いアラートを出すまでです。実際にアラートが出たあとに何かしらの対処を行わなければ、リスクによる被害は拡大する一方です。

そのため、監視と同時に自動化を取り入れる事がよりベストな方法です。

人で復旧作業を行うのと比較して自動化でできる仕組みには限界があります。しかし、自動化を施す事によって被害を最小限にとどめることが可能になります。例えば、アラートと同時に、回線をシャットダウンしてこれ以上のアクセスをさせない方法や、何かしらの障害が発生したときには、自動復旧を試みるなどです。

もちろんサーバーを停止する事で利用ユーザへの影響は発生しますが、被害を拡大しないことと比較すると影響は小さく済むと解釈できます。自動化を組み合わせるには、awsの他のツールとCloudWatchを組み合わせる必要があります。

vpcとも連動させることでネットワークの遮断も可能になります。気をつけなければならないのは、監視対象における閾値です。異常を感知する感度を高くすると頻繁に監視対象になりやすく、都度自動制御が動作します。

逆に感度が低ければリスク発生時に肝心の自動制御が動かない事象が発生します。そのため、監視対象における閾値の設定をシビアに行う必要があります。また、監視の数や頻度にも注意が必要です。監視は1つだけでなく、幾重にも設定することで安全性を高めることができます。

そして、監視頻度のスパンを高める事で監視の穴を狭くすることができます。

「awsで複数アカウントを効率的に監視する方法」

awsのvpc監視にはCloudWatchを利用するのがおすすめ

awsのネットワークを自由自在に組み合わせてオリジナルのネットワーク構成を作ることができるのがvpcの最大の魅力です。しかし、完成したネットワークにはセキュリティホールがあることも視野に入れて監視を入れていく事がベストプラクティスです。

CloudWatchはawsで定評のある監視ツールです。CloudWatchはvpcも監視対象に含めることができるため、aws内の総合的なネットワーク監視を行う事ができます。