awsの死活監視が必要な理由と実践方法

awsの運用をするときには死活監視が不可欠です。しかし、awsの運用をまだおこなったことがない場合や、そもそもサーバーを使ったことがない場合にはどういう意味なのかも想像できないかもしれません。この記事では死活監視とは何かから開設を始めて、なぜawsの運用をする上で必要なのか、具体的に何をすれば良いのかを解説します。

「awsのec2監視はlambdaがおすすめ」

そもそも死活監視とは

awsに限らず、サーバーを運用する上では死活監視の一般的な意味を理解しておく必要があります。死活監視とは、サーバー監視の中でも最も肝心な業務で、平たく言ってしまえばサーバーが正常に稼働しているかを確認することです。

さらに広い意味ではサーバーに限らず、様々な種類のシステムが本来意図していたような形で稼働しているかどうかを確認する業務を死活監視と言います。死んでいるか活きているかという意味で捉えると理解しやすいでしょう。

死活監視はサーバーやシステムが使える状態なのかどうかを監視し、正常に稼働していない場合には速やかに対処できるようにすることを目指します。サーバーが故障したり、利用状況によって大きな負荷を受けてダウンしたり、想定外のアクセスによってエラーが発生したりすることはあり得ます。

その際の対処を速やかにおこなえる体制を整えるための基礎となっているのが死活監視です。他にもネットワークなどのようにインフラとなっているシステムでは死活監視をするのが一般的になっています。

awsの死活監視が不可欠な理由

awsを運用する際に死活監視が不可欠な理由は極めて単純です。awsを利用していると構築したインスタンスやプラットフォームなどが正常に稼働しなくなることがあり得ます。その際にすぐに対処しなければ、社内システムや外部サービスなどに用いているawsの割り当て領域を使用できなくなります。

内部で使用しているなら業務に支障を来すことになり、外部向けに使っているときにはサービスが使えなくなってしまうでしょう。awsではクラウドサーバーの本体はアマゾンが監視して管理しているので正常動作を続けると考えられます。

しかし、割り当てられている領域についてはユーザーが責任を負うので、その領域内で異常が発生することがあり得ます。実際にawsを利用してみると死活監視が必要だったとわかるケースが多々あるでしょう。利用しやすいサービスなのは確かですが、自前で作り上げたプラットフォームなどでトラブルが起こることはよくあります。

また、柔軟性の高いサービスになっている影響もあってトラフィックの状況によってはダウンしてしまうこともあるので監視が必須です。この点はawsを利用する上で理解しておかなければならない点でしょう。クラウドサーバーを利用するときには特に死活監視が重要になるケースが多いので充実した体制を整えておくことが重要です。

死活監視をする二つの方法

awsの死活監視をする方法は細かく分けていくと様々なものがありますが、大別すると二つの方法に分けられます。一つ目は自社のエンジニアに常時監視をしてもらう方法です。死活監視をするにはawsの状況を常に見ていることが必要になります。

社内エンジニアを雇用するか、アルバイトなどを確保して、少なくともサーバーが活発に利用されている時間帯は常時監視をしましょう。社内システムなら業務時間中だけでも問題がない場合が多いですが、一般顧客に向けて通販や予約などのサービスを提供するプラットフォームとしている場合にはほぼ24時間体制で監視することが必要です。

二つ目は外部委託をして死活監視をしてもらう方法です。社内では対応するのが難しい場合でもサーバー監視業者に依頼すれば対応してもらえます。awsの死活監視を始めとして運用にも監視にも長けている業者に依頼すれば、社内に適材がいなかったとしてもすぐにawsの運用を始められるでしょう。

awsの運用や監視の経験が豊富で、強みをアピールしている委託先を選ぶのが安心できる方法です。一般的なクラウドサーバーに比べてawsはやや特殊なので、専門性の高い業者に委託するのが安全策です。

「awsでvpcを使ったネットワークには監視でリスク対策が必須」

awsではCloudWatchを活用可能

awsの死活監視をするときにはどのようなツールを使うのかが気になる場合もあるでしょう。awsでは監視の役に立つ情報取得ツールとしてCloudWatchが提供されています。

死活監視もCloudWatchを使えば十分にできるので、基本的にはCloudWatchの利用経験があるエンジニアに任せれば問題ありません。CloudWatchを使わずとも一般的なサーバー監視ツールを使えばメトリクスを取得して死活監視をすることはできます。

死活監視だけなら全く支障はありませんが、CloudWatchを使わないと監視しにくい項目もあります。監視を全体的におこなえるようにするにはCloudWatchを使えることが重要だと考えた方が良いでしょう。

自動化をして死活監視を効率化しよう

awsの死活監視をする際には自動化を前向きに検討することが重要です。死活監視は使用状況に応じて適切な条件を考えれば自動化することが比較的簡単だということが知られています。

スクリプトを記述してどのようなときにどんな対応をするのかをプログラムするのはサーバー監視に置ける基本です。awsの運用でも常識的に取り組まれていることで、特に死活監視については自動化が重要になります。サーバーがダウンしてしまって使えないような状況になると業務が停止したり、顧客サービスができなくなったりする大きな問題が発生するからです。

自動化の目的は監視負担を軽減するだけでなく、簡単な対応は自動でおこなえるようにすることです。このままではawsが正常に稼働しなくなるという可能性があったときに速やかに改善をすることで、完全に使えなくなる状況を避けることを目指します。

このような形で自動化を進めていくといつもawsを快適に使えるようになります。運用方法によって最適な自動化の仕方にも違いがあるので、長期的な視野で使いやすい環境を維持できるように死活監視のスクリプトを作り上げていくようにしましょう。

死活監視を徹底してawsを使っていこう

awsの運用では死活監視をするのが基本で、怠ってしまうとサーバーを使えなくなって困る事態が発生するリスクがあります。死活監視はCloudWatchを使っておこなうことができるので、スキルを持っているエンジニアに担当させましょう。

将来的には完全な自動化を目指し、サーバーダウンを未然に防げるように運用することを目指すのが大切です。

「awsで複数アカウントを効率的に監視する方法」